本文へスキップ

大阪 心理療法、オンラインによる遠隔カウンセリング

hw1@kounin-shinrishi.jp
TEL 072-249-0950

前世療法について


 前世療法は最近ではアメリカの精神科医ブライアン・ワイス博士の著書『前世療法1・2』(PHP文庫)によって紹介されています。ワイス博士が退行催眠でクライエントの治療中に、偶然、前世の光景としか思えないところにまで退行してしまうという出来事が起こりました。以後、ワイス博士は積極的に催眠による前世退行の治療によって、トラウマ治療を行ってきたことがその本で報告されています。ワイス博士自身が書いておられることですが、けっして、博士による特別な催眠テクニックの発見ではなく、ワイス博士以外にもそのような現象を確認していた催眠療法士もいたということです。

 前世などというものの存在を信じられないという人も多いと思います。私もその一人でした。しかし、ブライアン・ワイス博士の本を読み終えて、何となく私も体験してみたいと思うようになりました。

 よく分からないままに催眠療法士の方にお願いして、前世療法をしていただいたのです。当時、私は大学教員でしたが、仕事上の様々なストレスを抱えながら過ごしていました。私は前世の存在などを半信半疑に思っていましたが、それでも、私の前世療法は上手く進行し、想像もしていなかった光景を見ました。その結果、様々な気づきが私に与えられ、自分への自信とやすらぎを得ました。
 その後、私(堀)は渡米してブライアン・ワイス博士の下で直接指導を受けました。そして自分のセラピーに取り入れるようになったのです。

 前世療法は、催眠療法の一つの技法ですが、私のこれまでの施術者としての経験から言えば、特に深いトランス状態が必要というようなものではありません。緊張を解き放ち、リラクゼーションの催眠誘導に続けて前世イメージへの誘導を行います。
 興味本位で前世を見たいという場合でも、ほぼ必ずといって良いほど、何らかのメッセージと気づきをもたらしてくれます。

 臨死体験をされた方がそれ以後、性格や考え方が変わったという話がよくあるように、これに近い気づきが前世療法によってもたらされる場合もたくさんあります。

 本当に前世があるのか無いのか、それを証明することは生きているかぎりできないでしょう。しかし、前世が存在するとか、しないという議論を越えて、クライエントにやすらぎをもたらしてくれます。ですから、前世療法は「療法」の一つであり、前世があるかないかは、別な問題だとも言えます。要するに、前世療法は「前世イメージ療法」と呼ばれて良いと考えられます。

 また前世療法の利点は、人生の様々な迷いや問いに対して、セラピストが回答を与えるのではなく、クライアントご自身が前世イメージの中で気づきを得られることがほとんどです。それゆえ、心理療法の特殊な技法ではありますが、人生相談的な悩みについても前世療法はとても効果的であると考えられます。

 前世療法は何度も受けるべきでないという意見もあります。いたずらに前世などを掘り返すべきではないというものです。しかし、ワイス博士が一人のクライアントに何度も前世療法を行った症例が彼の『前世療法(PHP文庫)』で報告されています。私が何度も前世療法を施術した方はおられますし、その方の人生を切り開くお手伝いをさせていただきました。
 私は前世療法で見る「前世」というものはイメージでしかないと考えています。それは現在が投影されたイメージです。仮に、前世というものが存在するとしても、人が生きているのは現在です。それゆえ前世イメージも現在というフィルタを通したものと言えます。過去は現在に集約されていると思います。通常、人はどんな過去の想い出も、現在というフィルターを通して思い起こすのです。

 過去生イメージ、あるいは前世イメージがいかに見えるかは、現在の自分の目を通して変化しているのであり、すべての過去は現在へのメッセージでもあると言えます。幾通りもの前世イメージを見た方は、前世における自分にしかないパターンのようなものや、共通点を見つけられる場合があります。それは間違いなく、過去から現在への自分自身へのメッセージなのでしょう。今をどう生きるかが必ず示されていると思います。
 
 前世療法による過去世イメージへの退行という不思議な魂の旅を通して、自分探しをしてみたいと思われる方、あるいは、人間関係について気づきが欲しいと思われる方、最愛の方とのこの世での別れを体験し、人生の意味をとらえなおしたいと思われる方、そのような方は是非、おいで下さい。お待ちしています。

前世療法のレポート

(今では公認心理師として働いていますが、かつて、私が初めて催眠療法を受けたのは、いきなりの前世療法でした。ブライアン・ワイス博士の『前世療法1・2』を読んで、本当に自分にも前世が見えるものなのかと疑問(期待?)を持ったのがきっかけでした。幸いにも、とてもいい心理士で催眠をされる先生に巡り会い、私は無事に一回のセッションで過去生体験をすることができました。その内容を少しお伝えします。)

 前世療法で見た「私」は、織田信長に仕える忍び(草の者)だったのです。表向きには家で薬草を作っているようでした。妻と男の子と女の子がいました。そこへ、命令が下りました。どうやら、敵方が正式に殿(織田信長)に指示書のようなものを提出してくるというのです。それが運び込まれるのを阻止し、その伝令を携えてくる者を討てというのが私への命令でした。
 私はその使命をまっとうするのですが、それを終えると、忍びとしての自らの存在の痕跡すらも残さないように、妻や子の命までも自分が絶つという悲惨なことをする人生でした。最後は山中で松明を持つ十名以上の追っ手に囲まれます。ただ一人、刀を抜いて立ち向かい、何本もの槍が腹部を貫通して死んで行くというものでした。
 そんな私の死体を自分で上から見ながら天へ登りつめていくと、そこには無口で白い衣をまとった厳しそうな威厳のある老人が私を待っていました。一言の言葉もかけてくれず、それでいて、その人は私が家族の命を絶ったことについて、「いいんだよ」というメッセージをテレパシーのように伝えてきたのです。
 あの不思議な体験、そして、更に不思議だったのは、催眠から醒めた後に、まるで自分で自分を知ったかのように、あるいは、まるでアイデンティティを確認したかのように、自分の今生の生き方を反省することができました。

 

前世療法にはどのような効果が期待されるか

 前世療法を受けることは、擬似的に死を体験することでもあると思います。その意味では、程度の差こそあるかも知れませんが、臨死体験に似ています。臨死体験をした人が、その後、死を恐れなくなり、いまの人生の使命を深く痛感したり、生き方がもっと前向きに変化したりする場合があるようです。それと同じような変化が前世療法でももたらされると言えます。臨死体験の体験者に起こる変化や共通した点を以下のように指摘する研究者もいます。

@死に対する恐怖の減少
A以前よりも強くなったという感覚
B生の重要性や宿命といったものに対する特別な感覚
C神あるいは運命によって特別な恩恵を受けているという確信
D死後にも存在が続くという強い信念
  (参照  安藤治『瞑想の精神医学』、293ページ、春秋社)

 このような変化は、前世療法においても起こると言えますし、前世療法を受けるということは、自分の内面に目を向けることにつながります。前世というイメージを通して生と死を経験することができます。
 これによって、死への恐怖がやわらぎ、生きる意味への気づきが与えらることがあります。その意味で、ホスピスなどで催眠療法が体力的に可能な方にはとても効果のあるメンタルケアの方法になると私は思います。

 過去世が本当にあったものかどうかを証明することは、生きている限りできないことです。だから、前世療法は無意味だということにはなりません。
 前世療法の意義は、前世イメージが本当にあったことかどうかよりも、「療法」として今の自分に気づきを与えてくれるということにあります。前世イメージを見て、そこでの人生の目的がわかり、そこで達成できたこと、できなかったこと、そして、得たもの、あるいは得ようと思っても得ることができなかったものなどを知ることで、いま、ここでのあり方への気づきを得ることが可能です。
 もし、いま抱えている問題がある場合には、ほとんどの人が前世療法によって解決への糸口を与えられると思います。

 私は前世療法を施術していて、いつも不思議でならないことがあります。それは前世への誘導を終えて、次の人生への出発までの中間生(バルド)において、たいていの人が出会うマスター、あるいは守護霊によって示唆を与えられることです。しかも、その人のパーソナリティを何段か越えたような高次の言葉が投げかけられてきます。それはとても不思議なことです。

 正直なところ、私がクライアントさんを前世に誘導し、あとはクライアントさんご自身で、前世イメージと守護霊との出会いのイメージによって、大きな気づきを得らると言えます。
 誘導するセラピストとしては、その方の抱えている問題の解決の糸口を先読みすることがとても困難な場合も多くあります。でも、クライアントご自身で気づきを得ていかれ、解決へと導かれていくのです。そこにはセラピストの恣意的な誘導はありません。これは前世療法の特徴であり、優れた点だと思います。


information

公認心理師オフィス
ヒプノワーク心理療法室

hw1@kounin-shinrishi.jp

〒590-0078
大阪府堺市堺区南瓦町1-19
グランビルド堺東306
TEL 072-249-0950
(6月末に堺市へ移転しました)



心理療法 ノート
    
QA

link

まいど子でもカード